ホーム > 顎関節症

顎関節症

顎関節症とは、顎(あご)の関節の病気です

下記のような症状はございますか?

顎関節症の治療法

症状にもよりますが、以下のような方法で治療を進めていきます。
症状の軽い場合【保険適応】 1.問診
2.レントゲン
3.噛み合わせの模型
4.痛みを抑えるためのマイオモニター治療
5.スプリント治療
症状の重い場合【自費治療】 1.問診
2.レントゲン、CT、MRI
3.噛み合わせの模型
4.コンピューターによる診断
5.オルソーシス治療

顎関節症から起こる頭痛の治療方法は?

顎関節症

最初に頭痛の原因が噛み合わせなのかを診断します。
頭痛にはいろんな原因があり、噛み合わせが悪いことによる頭痛が7割をしめており、治療法としましてはマイオモニターという機材を使用します。

顎関節症

上図の機材は三叉神経と顔面神経を低周波により刺激することで、顎の筋肉や顔面の筋肉を動かすことにより、血の流れを改善することにより、乳酸をとっていきます。
軽い症状の場合は、上記の治療で改善することができるのですが、上図の機材は対症療法で、頭痛の原因である噛み合わせを改善するものではありません。
しかし、通常の生活であまり支障をきたさない状態の患者さんはこれ以上の治療をする必要はほとんどありません。