ホーム > 口腔外科

口腔外科

口腔外科

主な治療内容

1.外傷(唇、舌、口腔粘膜の損傷、歯の破折、脱臼、歯槽骨骨折)
2.炎症の消炎処置(切開・排膿)場合により、抗菌剤の点滴注射が必要なときもある
3.親知らずや埋伏歯などの骨に埋伏している歯の抜歯
4.全身疾患がある場合の抜歯
5.口腔粘膜にできた腫瘤、嚢胞の切除
6.骨隆起の切除
7.顎骨内にできた病変(歯根腫胞、歯牙腫など)の切除
8.歯の再植、移植
9.顎関節症に対するスプリント療法、歯軋りに対するナイトガード、コンタクトスポーツに対するマウスガード、いびき、睡眠時無呼吸症候群に対するマウスピース療法
10.口腔粘膜疾患
11.口腔乾燥症

親知らず

親知らず

まっすぐにはえていない事が多いため、歯ぐきが腫れたり、膿が溜まってしまう。
繰り返し何度も上記症状が起こる場合は、抜歯することをお勧め致します。

粘液嚢胞

口の中に水ぶくれみたいな出来ものができることがあります。
それを粘液嚢胞といいます。

歯根嚢胞

虫歯などの影響で歯根の先にできるのう胞のことを歯根嚢胞といいます。

骨隆起

顎の骨が通常よりも発達することによって生まれる『こぶ』みたいなものの事を言います。

この『こぶ』みたいなものは障害があるわけではありません。
しかし、粘膜は他の部分よりも薄いので傷つきやすかったります。

このような症状の方は一度ご相談ください。